運動だけでのダイエットは効果が出にくく、続かない方法の一つでもあります。
肥満の人は普段から、体をあまり動かしません。
ただでさえ無自分に負荷をかけて運動をしているのに、そこに痩せるレベルの運動をするのは至難の業です。
心にも体にもストレスを感じながらはじめるため、多くの肥満者は、運動だけではダイエットは続かないものです。
病院では肥満治療yも行っていますが、患者さんに無理な運動のみで痩せる指導をすることはありません。
ストレスばかりが多いダイエットは続かないことを、医師や医療機関でも承知しているためです。
医療機関で行う肥満治療には、ダイエット薬を味方につけて、バランスの良いダイエット指導を行います。
ダイエット薬を使用した肥満治療は、メンタル的なストレスも軽減するものとなります。
脳の仕組みに働きかける効果もあるので、無理に食欲を抑えたりすることもありません。
食欲を抑える作用を発揮しますから、自分の心構えも少しで済みます。
すべてを薬に頼るのは無謀ですが、大食いや、だらだら食いがやめられない人にとっては、大きなサポートとなってくれます。
脳に働きかける食欲を抑える薬は、最長3か月間くらいと期間が制限されています。
その期間に、バランスの良い食事を摂取しながら、ストレッチやウォーキングなど、軽い運動を取り入れていくことが大切です。
食べた脂分を何%かカットできる薬もあります。
どれもダイエットの相談で、病院で話をして自分に合った方法と薬での、肥満治療になります。
ダイエット薬を入手するためには、医師との問診も必要になり、処方薬として出されるものです。
使用方法などの説明を聞いて、自分でも理解した上でスタートすることです。